病院でする薄毛治療

抜け毛の原因には、ホルモンバランスの乱れ、遺伝、不規則な食生活、ストレス、喫煙、夜更かし、運動不足、間違ったヘアケアなどがあります。抜け毛が増えてきたら早めに薄毛治療をすることをおすすめします。薄毛治療はAGA治療をしている医療機関で出来ます。一般皮膚科や総合病院などでもAGA外来があれば薄毛治療をしてもらえます。 本格的にやばくなってきたらAGA専門クリニックなどに行って専門医の指導を仰ぐ必要がありますが、まだ本格的に薄毛になっていない状態なら一般皮膚科や総合病院がおすすめです。AGA専門クリニックのように高度な治療はできませんが、医療機関でしか手に入らない医療用医薬品が手ごろな料金で買えます。

一般皮膚科や総合病院などで薄毛治療をした場合、初診料や薬の処方料などで最低でも1万円〜2万円ほどの医療費が負担になります。薄毛治療は保険対象外なので、全額自己負担になります。 一般皮膚科や総合病院などで行う薄毛治療は、基本的に薬の処方がメインです。病院で処方してもらった内服薬を毎日飲んで、抜け毛の原因となる生活習慣を見直すことで薄毛治療ができます。 抜け毛の原因が自分でもわからなかったり、自分にあった育毛剤やシャンプーなどの選びかたが分からない場合は、薄毛治療専門のAGAクリニックに行けば、専門的な検査で原因が分かります。AGAクリニックの場合は検査料や薬の処方料などで3万円くらいの医療費が負担になります。