頭皮環境改善が大事

毎日朝起きたら枕元に抜け毛が何本も落ちている、せっかく生えているのに髪の毛が抜け落ちてしまうということは頭皮環境がよくないといういのが原因のひとつでもあります。これを畑に例えると、土壌は頭皮です。土壌が悪ければ、いくら水や肥料を与えたとしても作物は育たないです。つまり土壌を改善することによって作物は育ちやすくなります。頭皮環境をよくすると、頭皮が改善しますので抜け毛や薄毛になりにくい環境になります。そのためには、育毛シャンプーで頭皮環境を改善させることです。皮脂や汚れ、フケなどが原因で頭皮環境が悪くなっているとなると、健康な髪の毛が育ちにくいです。薄毛を改善させるのであれば育毛シャンプーになります。

頭皮環境をよくするとなると、洗浄力が高いものを選んだほうがいいのではという先入観がありますが、洗浄力も強すぎてもよくないのです。薄毛の原因は皮脂が関係していますが、それが毛穴をふさいで髪の毛の成長を妨げているのです。取り除けばいいとなるのですが、ある程度は皮脂は必要なのです。これを洗浄力の高いシャンプーですべて洗い流してしまうと、体は皮脂がないという危機感を感じてしまいます。そうするともとに戻そうとはたらいてしまいます。そのため頭皮が以前よりも多くの皮脂を分泌してしまうのです。また、刺激が強いシャンプーを使いすぎるとかえって炎症を起こすので薄毛を促進してしまいます。アミノ酸系の育毛シャンプーで刺激が弱いものを使用します。