経理コストを削減しよう|入金消し込みシステムの利点を解説

様々な形のテクノロジー

女性

導入前のポイント

フィンテックという言葉はもともとアメリカで発生したもので、finance(経済)とtechnology(技術)を掛け合わせた造語です。日本ではまだ登場して二年ほどの新しい言葉ですが、そのシステムは急速に浸透してきています。フィンテックの代表例としては、モバイル決済があげられます。従来の大型決済端末を導入しなくとも、携帯の電波で決済ができてしまうことから、急速に広まった決済方法です。スマートフォンや携帯電話というテクノロジーと経済が関係した代表例といえます。また、フィンテックにより企業の経理作業を大幅に削減することにもつながります。クレジットカード決済や銀行決済のほとんどもネット上で管理できるものです。会社での決済をそれらの方法に集約すれば、クラウド会計により自動で経理作業を完了できるように変えることができます。そのため、フィンテックにより経理という職種が消えることもあります。それ以外にも社内に仮想通貨を導入して残業時間の軽減や社内の雰囲気向上に努めている企業もあります。どのような形であれ、フィンテックを導入するときは利用者と管理者がきちんと使い方を習熟するのが大切です。そのためには事前に導入している企業の事例を見ておき、気をつけるべき点を把握しておくことが大切です。また、現場は多かれ少なかれ混乱が起こり得るので、事前によく周知させておくことも大切です。急速に導入するよりも、少しずつ導入した方が混乱は少なくてすみます。