効果が大きい

育毛クリニックで薄毛治療を受けると、医療費がすべて自己負担になります。育毛クリニックでは本格的に頭皮の検査や血液検査などを行うため、医療費が高額になりがちです。初診料や検査料などで、初回であわせて2万円近くかかることがあります。 また、その他に経口薬、サプリメント、外用薬などの処方費用もかかります。経口薬は男性型脱毛症(AGA)ならプロペシア(フィナステリド)が一般的で、一カ月分一万円前後の価格です。女性のびまん性脱毛症の治療にはパントガールが処方されることが多く、一カ月分一万五千円程度で購入できます。また、クリニックオリジナルの育毛剤や育毛シャンプーなどもあり、シャンプーは1万円〜2万円くらいで購入できます。

薄毛に悩む男性は太古の昔にもいたようです。古代エジプト人は、人類で初めて薄毛治療を始めた人種です。この頃は動物の油などを混ぜて軟膏のようにして頭皮に塗って薄毛治療をしていたそうです。この軟膏が効き目があったどうかは疑問ですが、あれこれ効きそうなものを試していた形跡があります。少なくともそのころから薄毛に悩まされていた男性がいて、コンプレックスを抱えていたことは確かです。 それから時が経過し、今は飲む育毛剤のプロペシアやパントガールが誕生しています。そしてスカルプシャンプーも進化し、髪の毛や頭髪に栄養を与える育毛シャンプーが沢山販売されています。AGA治療の市場は拡大しており、これからも様々な育毛成分や育毛商材が開発されていきそうです。