経理コストを削減しよう|入金消し込みシステムの利点を解説

エクセルマクロで効率化

会議

繰り返し作業を無くそう

企業の経理部門では、最も過酷な作業の代名詞かと思われますが、皆さんは、入金消し込み作業ってどの様に行って行っているでしょうか。請求・販売データを代表する売掛データと、通帳とをにらめっこしている方も少なくないのではないでしょうか。人間にとって、繰り返しの作業ほど苦痛で過酷なことはありません。そんな繰り返し作業をコンピューターに手伝いさせてみてはいかがでしょうか。入金消し込みをエクセルを使って行うとしましょう。売掛データと入金データの2つが必要ですが、売掛データは会計ソフトや経理システムからCSV等で出力ができます。入金データも、ネットバンキングからCSVで出力することができます。この2つのデータを紐付ける手段として、金額と入金者の組み合わせでもって、マッチングを行うというのが基本かと思いますが、入金データの入金者名と売掛データの入金者名が異なる場合は、予め入金者変換用データを作成しておきましょう。あとはVLOOKUP関数等を駆使して、計算式を構築してやれば単純な入金・未入金の判定位は出すことができます。条件付き書式の機能を使って、実際の通帳を使った入金消し込み同様にマーカーラインが引かれた様にすると見た目が分かりやすいです。関数や条件付き書式が分からなければ、説明サイトが多く有るので簡単に調べられます。業種や業務によってまちまちかもしれませんが、単純な内容の入金消し込みであればほとんどが自動で消し込みできると思います。エクセルの勉強も兼ねて、自身の業務の効率化に挑戦してみませんか。