経理コストを削減しよう|入金消し込みシステムの利点を解説

売掛金消込作業を効率よく

オフィス

煩雑さを解消するために

物品を販売する会社では、取引の数の増加に伴って、その入金処理も煩雑さを増します。ネットショップのようなBtoの形態を持つ店では、入金の単位が購入した単位と異なり、入金日もまちまちとなるため、よりトラブルが多くなります。入金処理を手作業で行っている場合、入金間違いや未入金確認が思うように行かない等の業務停滞が往々にして発生します。販売された商品の代金が支払われていない状態では、その金額は売掛金として管理されます。そして、その代金の支払いが完了した時点で、売掛金は消え、入金消し込みが行われるのです。しかし、前出のようなことが理由で毎日の入金消し込みが難しい場合が多々あります。そのような時、決済代行会社に委託して、売掛金管理や入金消し込みを代行してもらうと便利です。決済代行会社への委託で、売掛金の決済業務は簡略化できることになります。目視で行っていた時には、照合が面倒であった決済の全般的な管理を任せられます。決済代行会社による決済管理では、入金された代金がどの販売案件に該当しているかを紐づけできるので、入金ミスが少なくなるだけでなく、帳簿上の管理も容易になります。入金消し込みが正確に行われることで、業務の効率化も実現でき、社内工数を削減することにも繋がります。決済代行委託は、社内パソコンに専用ツールを導入することで、関単に使えるようになります。また、売掛金が長期的に残るというリスクも防ぐことが可能です。